女性の悩み解消!小陰唇縮小手術とは

小陰唇縮小手術のデメリットや注意点について紹介する - 新宿のルクリニック

小陰唇縮小とは、女性の陰部の外側にある小陰唇を手術によって縮小することを指します。この手術には、美容目的や性行為の快適性の向上を目的として行われることが多いですが、手術にはリスクもあります。

まず、手術を受ける前には、ネットや口コミなどで十分に情報を集めることが大切です。手術を受けるクリニックも選ぶ必要がありますが、新宿には多くの美容クリニックがあります。

手術の流れとしては、まず事前にカウンセリングを受けます。専門のスタッフが、手術のリスクや仕上がりについて詳しく解説し、疑問点についても丁寧に答えてくれます。手術の前には、血液検査や問診などがあります。

手術自体は、局部麻酔を使用して行われることが多いです。手術時間は30分程度で、小陰唇を切除して縫合することで縮小します。

手術後の除去糸は、約1週間後に取り除かれます。手術の形成は、個人差がありますが、約1ヶ月から2ヶ月程度で仕上がります。また、性交を控える必要がありますが、約1ヶ月後から再開することができます。

手術には、リスクもあります。手術後に腫れが出る場合があるほか、感染症や出血などの合併症が起こる場合もあります。手術の前には、しっかりとリスクについて理解し、承認書にサインする必要があります。

ただし、手術によって小陰唇が縮小されることで、婦人の悩みを解消することができます。特に、大きく肥大化した小陰唇が性交時に痛みを感じる問題を解決することができます。

小陰唇縮小を検討している場合は、専門のクリニックで問い合わせやカウンセリングを受けることをおすすめします。手術によって小陰唇が整えられることで、より快適な性生活や自信の回復が期待できます。

(c) 女性の悩み解消!小陰唇縮小手術とは